地震リスクの評価と低減

地震PMLとは

一般的に、建物の耐震性の良し悪しは、建物の強度や粘り強さを数値で評価します。しかし、地震リスクを考える上では、想定される地震被害を金額で示すことが最も分かりやすく、この視点で評価した指標が地震時予想最大損失率すなわち「地震PML(Probable Maximum Loss)」です。

地震動の大きさの推定

PMLの評価では、地震の規模に客観性を持たせるため、建物の供用期間を50年とし、50年間に10%以上の超過確率で発生するであろう地震を「最大の損失をもたらす地震」と定義します。475年に一度以上発生する規模の地震となります。
地震による建物の被害は、同じ耐震性能を持つ建物でも建設地により異なります。対象とする地震動の大きさを決めた上で、建物が保有する耐震性能との比較から被害の大きさを予測します。

活断層および歴史地震による地震動の大きさの予測 ~戸田建設震度予測システムTO-PIES

耐震性能の評価

建物の耐震性能の評価は、解析的な方法と統計的な方法があります。統計的な方法は、過去の地震被害データをもとに建物の特性と地震動の大きさを条件とした被害モードの発生確率を求め地震損傷度を評価するものです。
統計的な方法は、費用と時間をあまりかけずに対応できるメリットがあります。

建物の損傷度曲線

地震時予想最大損失率(地震PML)

下の図は、手順を踏んで求めたリスクカーブと呼ばれるもので、年超過確立に対応した損失を求めることができます。横軸の損失率は、損失金額に代えることもできます。図のように補強前と補強後の地震による最大損失を定量的に予測し、確率論的に地震リスクが評価可能となります。

BCPとは