どのような補強方法がありますか?

耐震補強の種類

耐震補強には主に下図のような方法があります。

耐震壁増設 開口付耐震壁増設 内部ブレース増設 外部ブレース増設 バットレス増設 梁補強 柱補強 腰壁・たれ壁のスリット

壁を増やして補強する

最も簡単で効果のある方法

壁を増やして補強する方法は、最も簡単で効果の大きい方法です。耐震性に優れたコンクリートの壁をバランスよく配置することで建物の耐震性能は大きく向上します。しかしながら、壁を増やすことにより建物の使い勝手が悪くなることが多いため、他の工法と併用して使われます。

内部RC耐震壁補強

外部バットレス増設による補強

外部にバットレスを増設する補強も「壁を増やして補強する」工法の一種です。敷地に余裕がある場合、内部の使い勝手を悪くせずに補強する方法として効果があります。

また、左の写真の例もそうですが、内部にコンクリートの耐震壁を増設する場合、鋼管コッター工法がよく用いられます。鋼管コッター工法を使うと、既存のコンクリートを削ったり、ドリルで穴を開けるといった騒音や振動が大幅に低減されるため、建物を使いながらの工事が可能になります。

UFCブロックによる補強

耐震壁の増設方法にも意匠的な工夫をした形状が開発されています。UFCブロック耐震壁は通風、採光が可能でデザイン性にも優れた耐震壁です。エントランスホールなどでも美観を損なうことなく耐震補強工事が可能となります。

既存躯体との接合には鋼管コッター工法を使い、内面を既製ブロックを積み重ねるのがメイン作業となるので非常に静かな工事が可能となります。

鉄骨ブレースで補強する

壁の代わりとなる方法

壁を増やすことにより空間が遮られることを回避する代替策として鉄骨ブレースが用いられます。建物のフレーム(柱・梁)の内側に取り付ける方法と、建物フレームの外側に取り付ける方法があります。

内部ブレース補強の例(フレームの内側に取付け)

外部ブレース補強の例(フレームの外側に取り付け)

内部ブレース補強の模式図

外部ブレース補強の模式図

この場合でも、赤で示したブレースと、建物のフレーム(柱・梁などの躯体)を強固に接合するために、鋼管コッター工法が使われます。

エントランスホール部分での採光を確保した補強例

居室側から見たブレース

鉄板やカーボンファイバーで補強する

柱や梁をねばり強くします

柱や梁を補強することにより建物のねばりを増す方法です。

鉄板補強

カーボン繊維補強

鉄板補強の概念図

ガラス繊維補強

スリットを設ける

スリットとは「すきま」のことです。
「すきま」を設けて、ねばり強さを増す方法もあります。

下の写真は、柱に壁がついているため、横方向の力が壁の無い部分に集中してしまい、柱が破壊された例です。

このような壊れ方を防ぐため、下図のように柱と壁の間にスリットを設け、柱から切り離すことがあります。

※実際のスリットは2~3cmほどの隙間で、防水を考慮した目隠しがされます。

耐震補強事例集