建て替え?それとも補強?

耐震補強までのフロー

既存建物の耐震性向上への3つのステップ

耐震性の評価には3つのステップがあります。戸田建設ではそれぞれの段階に応じて対応させて頂きます。

1st step

現地(躯体)調査・耐震診断・・・既存建物の建物(躯体)状況・耐震性を把握

1.耐震診断の方針

  • 1.設計図書の確認
    • 構造図、構造計算書の有無などを確認
    • 設計図書がない場合は、現地躯体調査の際に柱・壁の断面形状や配筋の確認が必要
  • 2.耐震診断の方針
    • 耐震性の目標 -- どれほど
      (人命の安全を確保するだけを目指すか? 建物の機能を維持するまでを目指すか?)
    • 耐震診断の範囲 -- どこまで
      (構造体のみ診断するか?非構造部材(外壁、天井、設備等)まで診断するか?)
  • 3.補助金の確認
    • 所管行政庁(区役所、市役所等)への補助金制度の有無の確認
  • 4.耐震診断の期間・費用の合意

2.現地(躯体)調査

  • 1.設計図書との照合
    • 耐震壁の配置、開口形状などが設計図書に整合しているか確認
    • 過去に大規模改修が行われている場合は要注意
  • 2.コンクリート強度・中性化、ひび割れ等の調査
    • 試験により強度・劣化等の客観的な資料を得る
  • 3.非構造部材、設備機器の調査(必要に応じて)

3.耐震診断

建物の階数・形状・構造形式に応じ、適切な診断法を用い、既存建物の耐震性(構造耐震指標 Is値)を診断します。

  • 第1次診断 … 1~2階建ての低層建物に適する診断
  • 第2次診断 … 2~7階建ての中高層建物に適する診断
  • 第3次診断 … 8階建て程度以上の高層建物に適する診断

4.耐震性の評価・報告

  • 1.既存建物の耐震性の評価
  • 2.概略補強案(必要補強量の把握資料)の提案
  • 3.診断結果の報告

Is値とは

Is値とは

Is値(構造耐震指標)とは、建物の耐震性能を表わす指標です。

(1)地震力に対する建物の強度、(2)地震力に対する建物の靭性(じんせい:変形能力、粘り強さ)が大きいほどこの指標も大きくなり、耐震性能が高くなります。

Is値の目安(平成18年1月25日 国土交通省告示第百八十四号による)

Is<0.3     地震に対して倒壊または崩壊する危険性が高い
0.3 Is<0.6 地震に対して倒壊または崩壊する危険性がある
0.6 Is     地震に対して倒壊または崩壊する危険性が低い

2nd step

補強設計・・・現地を反映した具体的な補強案

耐震診断で「耐震性に問題有り」となった場合は、建物の構造特性(耐震性の特徴)、使用性、及び工事条件等を考慮し、補強設計(具体的な補強案)を行います。

1.補強設計の方針

  • 1.補強目標の設定
    • 耐震性の目標、及び既存建物の診断結果より想定される必要補強量を考慮し、補強目標を設定(耐震性の目標の見直し)
  • 2.建築主・使用者の要望確認
    • 工事中、及び補強後の建物の使い勝手等の要望を十分に確認・合意
  • 3.補強設計の期間、費用の合意

2.補強案・補強工法の選定

  • 1.具体的な補強案の選定
    • 建物の構造特性より、有効で具体的な補強案を選定
    <補強案の例>
    • 剛性バランスの是正(耐震要素の増設、構造スリット等)
    • 強度の増大(RC壁の増設・増打ち、ブレースの増設等)
    • じん性の向上(柱、梁の鋼板巻き、繊維巻き等)
    • 揺れの制御(制震部材の配置)
    • 地震力の遮断(免震装置の配置)
  • 2.補強工法の選定
    • 建物の使用性、及び工事条件等より、適切な補強工法を選定
    • 居ながら工事の場合、居ぬき工事に比べ、工期・工事費がかかります
    <補強工法の例>
    • 一般的な内部補強
    • 外部補強(外部ブレース、壁の外増打ち等)
    • 外部補強架構の増設
    • バットレスの増設、他

3.補強設計・工事費見積・報告

  • 1.補強設計
    • 補強目標を達成できる、具体的な補強案に対する耐震診断
  • 2.工事費の見積
    • 補強工事の概算見積(補強関連工事等の概算範囲の確認)
  • 3.補強案、工事費の報告
    • 補強案、及び概算工事費のご報告

3rd step

耐震改修設計(補強実施設計)・・・仕上げ・設備を含めた改修設計

耐震補強に加え、仕上げ・設備の劣化部分の更新・整備、快適性の向上など、建物の資産価値向上を含め検討します。

1.耐震改修設計の方針

  • 1.建物詳細調査
    • 仕上げ(外装、内装、屋根防水等)、設備(電源設備・衛生配管・空調方式・トイレ・ELV等)の劣化状況の調査
  • 2.耐震目標の見直し
    • 人命の安全を確保するだけか、建物の生活・業務における機能維持を目指すか(業務継続計画)、耐震目標の見直しを行います
  • 3.耐震改修範囲の検討
    • 耐震補強のみに留めるか、建物詳細調査結果を考慮し、仕上げ、設備の更新改修を行うかどうかの耐震改修範囲の検討・合意
  • 4.耐震認定取得の判断
    • 耐震改修促進法に基づく「耐震認定」を取得するか判断します。
    • 耐震認定・・・現行基準なみの耐震性を有することへの認定書(注)認定取得には、費用、期間がかかります
  • 5.耐震改修設計の期間、費用の合意

2.耐震補強内容の見直し

  • 1.現実的な補強案の採用
    • 耐震性の目標、建物の使い勝手・快適性、かけられる工事費を考慮し、現実的な補強案を採用します
  • 2.現実的な補強工法の採用
    • 工事中の使い勝手、施工性を考慮し、現実的な補強工法を採用します

3.耐震改修設計・工事費見積・報告

  • 1.耐震改修設計
    • 耐震改修範囲を精査し、補強工事に伴い発生する取り合い部を充分に検討した上で設計を実施します
  • 2.工事費の見積
    • 耐震改修工事の見積
  • 3.改修設計内容、工事費の報告
    • 改修設計内容、及び工事費のご報告

耐震補強のコスト